ぽぽイズム

5歳と3歳を育てる専業主婦です。現在第三子妊娠中。育児のことや日常のことを気ままに書いていきます。チョコをこよなく愛するアラサー。

【はてなブログ】Google検索から記事を消す方法

こんにちは!ぽぽやんです。

 

先日、「やっちまったな~」という事がありましたので、ちょっと聞いてください。

 

わたしのブログって8割が検索流入なんですが、先日アップした記事がいい感じでヒットし、検索の上位の方に上がってきました。

 

しか~し、その記事を少し修正しようと思って、ついつい一度下書きに戻してしまったんです。そして修正してから、再公開。

 

「これでもっといい内容になったぞ~」というわたしの想いとは裏腹に、事態は思わぬ方向に行ってしまいました….。

 

という事で、今回は公開したブログを下書きに戻し再公開した結果、「not found」になってしまった記事をGoogle検索から消す方法です。

 

スポンサーリンク
 

 

一度下書きに戻して再公開するとどうなるのか?

f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20171106052412j:plain

公開した記事を下書きに戻してしまったことってありませんか?

ちょっと修正を加えるだけ…そんな安易な気持ちで「下書きに戻す」ボタンをポチっと押してしまうかもしれません。が、ちょっとまったーーー!

 

やめておいた方がいいですよ!とくに人気の記事は!!

 

これはわたしが身をもって体験しましたので、断言できます。

 

なぜかと言うと、一度下書きに戻して再公開すると、まずURLが別物になります。似ているようで別物です。

 

記事の内容はほぼほぼ一緒であっても、URLが別物になるので、再公開した記事は全く別の新らしい記事に生まれ変わります。

 

今まで付いていたはてなスターも消え、検索にもヒットしません。また0からのスタートになります。

 

つまり、今まで積み上げてきた実績がなくなるんですね~。

 

最初に公開した記事はどうなるの?

再公開した記事は、また0からのスタートを切りました。では最初に公開した記事はどうなるんでしょうか?

 

お察しの通り「not found」になってしまいます。ページは存在するのに中身がないというおかしな事になります。

 

しかも今までの実績はちゃんと付いています。

 

そんなもんだから、Google検索にもヒットし、クリック率もアゲアゲ!でも記事がない!

 

結果、興味を持ってクリックしてくれた方の期待を裏切ることになってしまうのです。

 

not foundの記事を放置しておくと…

検索上位にいるにもかかわらず、not foundで中身のない記事。

 

この中身のない記事を放置しておくと、Googleの評価が下がります。

 

でも一体この記事をどうすればいいのか…??自分の力では検索順位を変えることは難しいし…、と思いますよね。

 

ここはやっぱりGoogle先生にお願いするのです!

 

 

not foundの記事をGoogle検索から消す方法

Googleウェブマスターツールを使用

記事を消すにはGoogleウェブマスターツール・サーチコンソールが必要になります。自分のブログと連携していることを前提に話を進めていきます。

 

Googleウェブマスターツールはこちらから

 

まず左端のメニューから「Googleインデックス」→「URLの削除」に進みます。 

f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20180323054619p:plain

 

そして、削除したいURLを入力します。

f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20180323055035p:plain

 

 

 最後に削除理由を選んで、「リクエストを送信」

f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20180323055320p:plain

 

あとはGoogleがURLを削除してくれるのを待ちます。すぐには削除してくれないようですね。一定期間は「ステータスが保留中」になると思います。

 

わたしは、削除されるまでに1週間くらいかかった模様です。後日確認したらちゃんと「削除されました」になっていました。

f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20180323055600p:plain

 

スポンサーリンク
 

 

さいごに

全く読まれていない記事ならまだしも、今まさに読まれていて検索上位にある記事だったので、ヤバい!と思い即削除しました。

 

結果、一度下書きに戻し再公開した記事が無事に検索にヒットしている状況です。よかった~!

 

今回で勉強したので、もう安易に下書きに戻したりしません。記事を直したいなら「更新」ですね!

 

ご覧いただきありがとうございました( *´艸`)