ぽぽイズム

5歳と3歳を育てる専業主婦です。現在第三子妊娠中。育児のことや日常のことを気ままに書いていきます。チョコをこよなく愛するアラサー。

赤ちゃんに日焼け止めは必要?キツイ紫外線から赤ちゃんを守る方法

こんにちは!ぽぽやんです。

 

暖かくなってくると気になるのが紫外線!

 

わたしはすぐに肌が赤くヒリヒリしてしまうので、日焼け止めは欠かせません。4歳と2歳の子どもたちも、夏になると日焼け止めを塗ってあげます。(でも真っ黒ww)

 

でも2人が赤ちゃんの時は、デリケートで乳児湿疹も酷い肌に日焼け止めを塗っていいの?と、日焼け止めが必要かどうか迷いました。

 

そう思っているママも多いのではないでしょうか?

 

今回は、赤ちゃんに日焼け止めは必要か?キツイ紫外線から赤ちゃんを守る方法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク
 

 

赤ちゃんに日焼け止めは必要?

f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20180319063220j:plain

結論から言うと、必要です!

 

特に肌が薄く、バリア機能の不十分な乳児の肌を日焼けから守ることがとても重要になります。結論からいえば、スキンケアに関心の高い成人女性よりも、細胞分裂も成長も盛んな幼少期に正しく日焼け対策を行っていくことが重要だといえるでしょう。(引用元:スキンケア大学)

 

デリケートだからこそ、紫外線の脅威から赤ちゃんを守ってあげる必要があるんですね。

 

昔は子どもは真っ黒になるまで外で遊ばせていました。しかし近年、紫外線が肌に与える影響が明らかになり、母子手帳からも日光浴を推奨する文言がなくなっています。(代わりに外気浴が推奨されています)

 

赤ちゃんの日焼け止めはいつからOK?

必要なことは分かった!でもいつから塗っていいの?って疑問に思いますよね。

 

生後1か月を過ぎると、赤ちゃんを連れて外遊びをする機会も多くなると思います。ここで、必須となるのが日焼け止めです。(引用元:スキンケア大学)

 

紫外線は4月に入ると徐々に強くなり、5月にグンと強くなります。そして6月~9月まで紫外線の強い時期が続きます。

 

という事は、生後1か月を過ぎた4月~9月の間は日焼け止めが必要という事になりますね!

 

とくに4月・5月は油断している方が多いので要注意です。

 

赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ基準

  • 「SPF10~20」程度
  • 「PA+」が肌に負担がかからない目安
  • 紫外線吸収剤不使用
  • お湯で簡単に落ちるタイプ

 

この4つを基準に選ぶといいですね!

 

赤ちゃんの肌に合うかどうか、必ずパッチテストを行ってあげましょう。

 

 

日焼け止め以外・紫外線から赤ちゃんを守る3つの方法

紫外線から赤ちゃんを守る方法は、日焼け止めだけではありません!わたしが実践していた赤ちゃんの日焼け対策をご紹介します。

 

ベビーカーのほろを利用

ベビーカーのほろを最大限に利用し、さらに足元は薄手のレッグウォーマー。ねんねの赤ちゃんの短時間の外出なら、この方法でも大丈夫です。

 

ただし夏場のベビーカーは蒸れて熱くなるので、保冷剤をタオルで巻いて首の後ろに入れてあげるなど、熱中症対策も忘れずに!

 

帽子をかぶせる

歩き出した赤ちゃんには、帽子が効果的。

 

つばが広めでネックカバーが付いた帽子を選んであげましょう。

 

しか~し、帽子を嫌がる赤ちゃんが多いのも事実…。被せても被せてもすぐに取られる、いたちごっこ。わたしも格闘しましたww

 

日中の外出を避ける

とくに紫外線が強くなるのが10~14時の間。この時間の外出はなるべく避け、日が沈んだ16時頃からお出かけするのもおすすめです。

 

遊びたい盛りの上の子がいると、この方法はあまり通用しないんですけどね(;^ω^)

 

スポンサーリンク
 

 

番外編・車に乗っている時の直射日光に注意

赤ちゃんをチャイルドシートに乗せると、ちょうど直射日光が当たってしまう位置にくることありませんか?車の窓ガラス越しに当たる直射日光ってとにかく熱いですよね!

 

我が家の車の窓ガラスはUVカット仕様なんですが、直射日光が当たってしまうのが可愛そう…。

 

ってことで、窓にペタッとくっつくタイプのサンシェード(日よけカーテン?)を貼り付けています。

 

 

さいごに

 暖かくなるのは嬉しいけれど、気になる紫外線!

 

多くの紫外線を浴びると、皮膚がん・白内障・免疫力の低下からの感染症・肌の老化など、人体に影響があることが分かっています。怖っ!!

 

そうならないためにも、赤ちゃんの時からしっかりと日焼け対策をしたいですね。

 

でも適度に日光を浴びることでストレス解消になったり、骨が丈夫になったりと体に良い影響もあるんです。

 

日焼け対策をしっかりして、ピクニックはどうですか?

www.popoyan-blog.com

 

 

ご覧いただきありがとうございました( *´艸`)