ぽぽイズム

4歳と2歳を育てる専業主婦です。育児のことや日常のことを気ままに書いていきます。チョコをこよなく愛するアラサー。

妊娠の兆候はいつから どんなもの?妊娠を確信した不思議な体験

こんにちは!ぽぽやんです。

 

赤ちゃんを心待ちにしている女性にとって、体のだるさや眠気、味覚の変化や吐き気など、いつもと違う体の変化は「もしかして!?」と思いますよね。

 

わたしもそうでした。いつもより眠気を感じるから今回こそは!と思ったのに生理が来て落ち込む…の繰り返し。妊活中の時期は、妊娠の兆候はどんなもの!?というのをネットで調べまくった経験があります。

 

今回は妊娠の兆候はいつから・どんな症状があるのかをご紹介します。ついでに、わたしが体験した不思議な出来事も!

 

 

スポンサーリンク
 

 

 妊娠の兆候は個人差があります

f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20171219061137j:plain

「予定日を過ぎても生理がこない…。これってもしかして!?」と期待を膨らませてしまいますよね。

 

妊娠の兆候は、人それぞれでかなり個人差があります。

 

なにも感じなかった方もいれば、味覚や嗅覚が敏感になった方、風邪のような症状が出た方など本当にさまざまです。

 

わたしは何もなかった人です。でも、「妊娠した」という確信できる出来事が起きました。それは記事後方でご紹介しますね。

 

妊娠の兆候・妊娠超初期っていつ?

妊娠超初期とは、生理予定日の前後のことです。

 

妊娠0週目が最終生理日

妊娠2週目が排卵日前後

妊娠3週目が受精卵が子宮内膜にはりつき着床

 

この受精卵が着床した時から始まるのが妊娠超初期です。妊娠超初期に起こるさまざまな体調の変化が妊娠の兆候だと考えられます。

 

妊娠超初期に起こる妊娠の兆候

f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20171219061444j:plain

着床出血

生理予定日よりも1週間~3日前程度に、生理のような出血があります。

 

出血の色はピンクや茶色という声が多く、量は微量の出血が1回だけという人もいれば、3日間~1週間程度続いたという方もいます。

 

生理が早くきたと勘違いしてしまう方が多く、後々に「あれが着床出血だったんだ」と感じるようです。全ての方に起こるわけではなく、着床出血が起こるのは数人に1人の割合です。

 

実はわたしも妊活中に、生理予定日より1週間も前に出血がありました。これってもしや!?と期待しましたが、結局ただの生理だった経験があります。

 

だるさと眠気・風邪みたいな症状

いつもより体がだるくて眠い。体が熱っぽい。

 

一見すると風邪と間違ってしまう症状ですが、これらも妊娠の兆候として表れます。生理前にも感じる症状ですが、より顕著に表れるそうです。

 

胸が張る・胸が痛い

妊娠をするとホルモンバランスが変化し、胸が張ったり痛みを感じる方はいます。生理前に胸が張る方も多いと思いますが、妊娠している場合は張る期間が長く続きます。

 

胸がチリチリ痛んだり、乳首が痛くなったりと症状は個人差があります。

 

味覚・嗅覚の変化

「大好きな食べ物が何だか美味しくない」「大好きなコーヒーの匂いが気持ち悪い」など、味覚や嗅覚が変化するのは妊娠するとよくあることです。

 

これは悪阻(つわり)の1つでもあり、多くの妊婦さんが体験することです。

 

下腹部が痛む

子宮のあたりがチクチク、キューっと痛むのは、受精卵が着床した際におこる痛み「着床痛」です。ただし、医学的には証明されていません。

 

これも、生理前の症状とよく似ていますね。

 

頭痛がする

妊娠すると黄体ホルモンが増えるとされています。黄体ホルモンは受精卵を守るため体の中で働きます。その結果、頭痛を引き起こす可能性があります。

 

片頭痛のような痛み、痛みが酷く吐き気までする人など、こちらも個人差があります。

 

おりものが変化する

「白っぽいおりものが増えた」「いつもは臭いがするけれど、無臭で粘っとしたおりものだった」「水っぽい」など、生理予定日の数日~1週間後にこのような変化がある場合があります。

 

これは着床後に女性ホルモンが増えることで起こる変化です。

 

基礎体温が高いまま・または変化

排卵期に高くなった基礎体温は、生理予定日になると低くなります。しかし、予定日を過ぎても基礎体温が高いと妊娠の可能性があります。そのせいで、体が熱っぽいと感じるようです。

 

しかし、基礎体温がガタガタになった・一時期だけガクっと基礎体温が下がったという方もます。

 

妊娠の兆候は生理前の症状と似たものが多く、わかりずらいですよね。しかし基礎体温を毎日測っていると、自分の体の変化を敏感に感じ取れます。妊活中は測っておくことをおススメします。

 

スポンサーリンク
 

 

「絶対に妊娠した!」妊娠を確信した不思議な出来事

 

話しは変わりまして、これはわたしが長男を妊娠するまでのお話です。わたしは、結婚してすぐに妊活を始めました。なんの疑いもなく「赤ちゃんはすぐにできる」と思っていたのですが、実際はそうではありませんでした。

 

当時は排卵日とか妊娠しやすい日とかもよくわかっておらず、基礎体温も付けていません。とにかく無知だったわたし!妊娠は簡単にできるものではないことを痛感しました。

 

自分でいろいろと調べて、まずは基礎体温を付けることからスタート。排卵日予測のアプリをインストールして妊活に励みました。

 

でもやっぱり、自分の気持ちが強くなればなるほど生理が来たら激しく落ち込むし、旦那との気持ちのタイミングが合わないとイライラ!とにかく焦っていた記憶があります。

 

そんな妊活を続けて半年。焦ってもよくないな~と思い始めました。

 

不思議な夢を見た

気持ちをいったん落ち着けましたが、基礎体温は付け続けました。

 

妊活をはじめて7か月目。生理予定日を過ぎても基礎体温は高いままを維持し、もしや!?と思いましたが、大抵は裏切られるので過度な期待はしていませんでした。

 

しかし生理予定日を1週間過ぎたころ、不思議な夢を見ました。

 

夢の中で、誰かが「妊娠おめでとう~!」とわたしに言っているのです。それが誰かはハッキリわかりません。でも確かに「妊娠おめでとう~!」と言ってくれたのです!

 

朝起きて、わたしはなんの疑いもなく「絶対に妊娠した!」と確信しました。

 

案の定、妊娠検査薬は陽性。無事に妊娠することができて、とにかく嬉しかった覚えがあります。

 

こんな夢を視たのは長男の時の一度きり。長女の時は何もありませんでした。

 

さいごに

妊活をしている女性にとって、少しの体の変化にも期待をしてしまいますよね。焦っちゃダメだけど、ついつい焦ってしまう…その気持ち、よくわかります!

 

一般的な妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後に使用OKです。早く検査してしまうと、はっきりとした診断が出ないこともあるので気を付けてくださいね。

 

 

関連記事はこちら

 

www.popoyan-blog.com

 

 

ご覧いただきありがとうございました( *´艸`)