ぽぽイズム

6歳・4歳・0歳を育てる主婦の気ままなブログ

子どもの花粉症対策で実践している3つのこと

こんにちは!3児のママ・ぽぽやんです。

 

今年もそろそろあの時期がやってきますね。

 

そう、花粉の時期!

 

我が家で唯一の花粉症の長男。2年前に症状が出て以来、3月~4月になるとクシャミ&目のかゆみ&鼻水に悩まされます。

 

花粉症になったからには、今後も末永くお付き合いをしていかなければなりません。でも少しでも症状を軽くしてあげたいのが親心。

 

そこでわたしが実践している子どもへの花粉症対策3つをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク
 

 

子どもの花粉症対策で実践している3つのこと

医者で薬をもらう

花粉の時期になると悩まされるのが<目のかゆみ・目の腫れ>です。

 

長男は体質なのか、とくに目に症状が現れやすく、決まって夕飯時に目の粘膜が腫れあがる…という症状がでます。

 

なので早め早めに医者に行き、目薬とアレルギー症状が出た時用のお薬をもらいます。当たり前だけど、やっぱり医師から処方された薬が安心ですよね!

 

 

花粉対策スプレーをシュッと

ここ数年でよく目にするようになった花粉対策スプレーを愛用しています。お出かけ前にシュッとスプレーするだけでいいので、マスクを嫌がる子どもにはピッタリの商品だと思っています。

 

花粉の時期になると見かけますが、すぐに品切れになるの早速ゲットしてきました!


f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20200127112802j:image

 

今年は資生堂IHADAで乗り切ります!…が小さいからあっという間に使い終わりそうです。

 

 

子どもも嫌がることなくシュッてさせてくれます。

 

 

 

 花粉を家に持ち込まない

花粉は服や体に付着して家の中に侵入するのは有名ですよね。

 

我が家では玄関先にブラシをスタンバイさせ、外から帰っていたらサッサッと花粉を落とします。

 

それでも家に侵入した花粉には、レースカーテンをしたまま窓を10cmほど開けて部屋を換気するといいそうですよ☆

 

 

部屋干し用にこれを狙ってます。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 さいごに

上でもちょっと書きましたが、去年の長男は<目のかゆみ・目の腫れ>にかなり悩まされました。晩御飯を食べていると決まって「目がかゆい」と言いだし、どんどん目が充血し角膜が腫れあがっていく症状がほぼ毎日続く…という。(卵アレルギーはありましたが食べさせてません)

 

その原因を知りたくて血液検査を実施したところ、もともと持っていた卵白よりもスギ・ヒノキのほうが数値が高いこと判明。「あぁ、やっぱりな…」と妙に納得したものです。

 

なぜ決まって夕食時に症状が出るのか。それは1日体に蓄積されたもの(アレルギー)が夜に自分の中のキャパを超えてしまい、その結果<目のかゆみ・目の腫れ>という症状を引き起こすのだそうです。

 

1~2時間程度で症状は収まりますが、本人はすごく辛そうで…。今年はその症状が出ないように、少しでも軽くなるように花粉症対策をしていきたいです!

 

 

ご覧いただきありがとうございました(*^-^*)

 

 

去年も同じような記事書いてました☆

www.popoyan-blog.com

www.popoyan-blog.com

www.popoyan-blog.com