ぽぽイズム

アラサー主婦の子育てのこと・自分のこと・日常のこと・あれやこれや

【2018年】七五三はいつ何歳でやる?満年齢or数え年・早生まれはどうするの?

こんにちは!ぽぽやんです。

 

子どもの成長の節目の大切な行事として、昔から行われてきた七五三。

 

七五三という名からわかる通り、7歳・5歳・3歳の子どもが行うのですが、うちの子って今年?来年?どっち??って、ふと疑問に思うことありませんか?

 

ということで、七五三はいつ、何歳でやるのか?満年齢か数え年か、早生まれの子はどうするのか?の疑問をスッキリ解決しちゃいましょ!

 

 

スポンサーリンク
 

 

七五三はいつやる?

f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20180312131716j:plain

七五三は毎年11月15日です。

 

しかし多くのご家庭では、11月15日前後の土日祝日の良き日を選びお参りをします。

 

最近では10月下旬ころから着物姿の子どもたちをチラホラ見かけるようになりました。北海道では寒くなる10月中に七五三を行ってしまうなど、家庭によって地域よって異なります。

 

ちなみに、2018年11月15日は木曜日ですが、なんと大安!神社は混雑しそうな予感ですね!

 

 

七五三は何歳でやる?

一般的に七五三を行う年齢は、男の子は5歳と3歳・女の子は7歳と3歳です。

 

しかし、これは地域性も大きく関わってきます。とくに関東では、男の子は5歳のみ行うという地域が多いようですね。実際にわたしの実家の方も男の子は5歳のみです。

 

七五三の由来

  • 3歳は男女ともに髪を伸ばし始める「髪置」の儀式があった
  • 5歳の男の子は、初めて袴を着る「袴着」の儀式があった
  • 7歳の女の子は、四つ身の着物へ変える「帯解」の儀式があった

 

このように昔の風習が七五三の由来となっています。昔は子ども(特に3歳までの幼児)の生存率が低く、無事に成長したお祝いを盛大に行っていたようです。

 

満年齢or数え年?

昔は数え年で行っていたそうですが、近年は満年齢で行うのが一般的です。

 

満年齢とは、「生まれた年を0歳とし、以降誕生日がくるたびに1歳ずつ年をとる」という考え方。つまり今現在の年齢です。

数え年とは、「生まれた年を1歳とし、以降1月1日を迎えるたびに1歳ずつ年をとる」という考え方です。

 

数え年の場合、極端に言うと12月31日生まれの子は産まれた日に1歳になり、翌日の1月1日には早くも2歳になる計算です。ビックリ…Σ(゚Д゚)

 

これは昔は誕生日という概念がなく、全ての人が元旦に1つ年をとっていた為なんですね~。

 

2018年に七五三を行う子どもは?

2018年に七五三を行う子どもたちは…

 

満年齢7歳…平成23年(2011年)生まれ

数え年7歳…平成24年(2012年)生まれ

    

満年齢5歳…平成25年(2013年)生まれ

数え年5歳…平成26年(2014年)生まれ

 

満年齢3歳…平成27年(2015年)生まれ

数え年3歳…平成28年(2016年)生まれ

 

一般的には満年齢で行う七五三ですが、我が家のように兄妹で一緒に済ませたい!など各家庭の事情もあるので、満年齢でも数え年でも、どちらで行っても問題はありません

 

お兄ちゃんは満5歳で妹は数え年3歳(満2歳)で七五三を行う家庭も多いですよね!

 

早生まれはどうするの?

1月・2月・3月の早生まれの子はどうするのか?ですが、厳密には決まっていないようです。

 

同じ学年の子に合わせ、満年齢になっていなくともお祝いをしてあげてもいいし。来年の七五三に持ち越してもいいし。こちらも各家庭で決めてしまって大丈夫です。

 

 

スポンサーリンク
 

 

さいごに

 我が家も遂に今年、七五三を迎えます。大人しく着物を着てくれるか少々心配ですが、とても楽しみです!

 

 

 ご覧いただきありがとうございました( *´艸`)

 

 

【帯や小物のコーディネートもプロにお任せ。着物とレンタル希望日を選ぶだけ。着用後のクリーニングも不要です。】