ぽぽイズム

アラサー主婦の子育てのこと・自分のこと・日常のこと・あれやこれや

プラレールの修理 山手線ver. ドア開閉車両を元に戻す方法

こんにちは!ぽぽやんです。

 

先日、久しぶりにプラレールの修理を行いました。

 

プラレール愛(というか電車愛)が止まらない長男に加え、最近では2歳の長女もプラレールが大好きです。

 

毎日ガッシャンガッシャンと繋げまくっているので、プラレールの連結部分の破壊率も上がってます(;^ω^)

 

今回は、プラレール・山手線 の2両目、ドアが開閉する車両の連結部分がグニャっとなってしまいました。

 

連結部分の修理方法は心得ているので、今回もドライバー片手に作業を開始したんですが、あらら…???いつもと様子が違う。

 

分解してみたらいろんなパーツが出てきて、元に戻すのが困難になっちゃいました。しかも長男が横から手を出し、山手線が落下。さらにバラバラになるという悲劇が…( ゚Д゚)どうすんのこれ~~!

 

ということで、プラレールの山手線・ドア開閉車両の連結部分を修理し元に戻す方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク
 

 

プラレール山手線の修理方法

用意するものは、こちら。連結部分パーツとプラスドライバーです。今回はフックのみ交換しますよ。

 

f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20180108133739p:plain

 

山手線の車両の下の部分にある2か所のネジを外すとこうなりました。パーツが多いな…。右にあるフックがグニャっとなった連結部分です。これを交換します。


f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20180310212003j:image

 

とりあえず新しいフックに交換します。カチッとハマるまで入れてください。結構力がいります。写真は新しいフックに交換したものです。


f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20180310212017j:image

 

んで、このパーツ。ドアを開閉するためのパーツであろうと思われます。穴が開いて長短の突起があるラグビーボール型のパーツ・バネ・四角いパーツ。


f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20180310212030j:image

 

まずバネを四角いパーツの中に入れます。逆さにするとスッポリ入ります。


f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20180310212042j:image

 

そして、これらのパーツを本体に取り付けます。こちらは取付前の本体を逆さにしたものです。どこに取り付けるかわかりますか?



f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20180311051917j:image

ここです。逆さまにして取り付けてください。ピッタリとハマるように穴が開いています。


f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20180311051923j:image

 

ラグビーボール型のパーツは突起の向きに注意してくださいね。写真下方が長い突起です

 

あとは3枚目の写真のフックを取り付けた本体と車輪部分を乗せて、ネジをしっかりと留め、元に戻すだけ。


f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20180310212115j:image

 

最後にちゃんとドアが開閉するか確かめてくださいね。


f:id:tuneni-nemunemu-popoyan:20180310212130j:image

 

完成しました~!落下しパーツがバラバラになった時は元に戻せるのか不安になりましたが、なんとかなりました!山手線は手ごわいですね。

 

スポンサーリンク
 

 

プラレール ドア開閉 E231系 500番台山手線 

今回修理したのはこちらの、ドア開閉 E231系 500番台山手線。

 

ドア開閉は山手線だけについた機能です。ドアを開けると乗客がいるんですよ。これは子どもハマりますね。

 

 

 

 壊れがちな連結部分は、パーツのみで販売しています。あると便利ですよ!

 

 

 さいごに

壊れちゃったから遊べない~のではなく、きちんと修理をすれば長くプラレールで遊ぶことができます。

 

今回の山手線には少々手こずりましたが、その他のプラレールの修理は結構簡単ですので、ぜひご自宅でチャレンジしてみてくださいね。

 

 ご覧いただきありがとうございました( *´艸`)